本文へスキップ

ゴム・樹脂素材の製造から、伸縮装置への機能製品販売までサポート

TEL. 06-6782-8683

〒577-0067 大阪府東大阪市高井田西2丁目2番6号

会社概要COMPANY

社名
旭化工株式会社
代表者
山内 寛
本社所在地
〒577-0067
大阪府東大阪市高井田西2丁目2番6号
→アクセス
TEL. 06-6782-8683
FAX. 06-6782-8685
資本金
10,000千円
設立
1965年10月1日
従業員数
21名(2019年1月現在)
事業内容
工業用ゴム製品設計・製造・販売
道路橋伸縮遊間における施工指導、技術調査・提案
資格・免許
建設業許可:大阪府知事許可(般-28)第104922号[防水工事業]
主要取引先
石垣ゴム工業株式会社
株式会社川金コアテック
ニッタ株式会社
その他ゼネコン各社(50音順)
技術提携先
株式会社川金コアテック
ニッタ株式会社
東日本高速道路株式会社

沿革

1965年10月
工業用ゴム型物製品、押出ゴム製品及、工業用ボンド、ゴム糊の製造販売として会社を設立
1966年
建築用ウレタン塗膜防水(エーコート)及ゴムシート防水(SMコート)の製造。販売、施工を開始
1975年
大阪府建設業許可を取得
1976年
ニッタベルト梶i現在のニッタ梶jと業務提携を行い、道路橋及高架橋伸縮装置の止水、防音材(弾性シール)の充填工事を開始
1980年
道路橋伸縮装置、補修シール材充填工事を開始。
1985年
伸縮装置乾式止水材のシリコン接着剤を東レ・ダウコーニングシリコン鰍ニ共同開発
1991年
ニッタ鰍ニ共同で道路橋鋼製伸縮装置、弾性シール材充填工事の工法を開発し、施工を開始
1992年
固形工場生産型遊間止水材の開発に成功特許取得、乾式止水材「バリアレックス」として試験施工、工事設計、営業展開開始
1995年
水道用弁類のゴム加工部品の下請工場として、日本水道協会の承認を取得
2003年
鋼製伸縮装置止水材の弾性シール(商品名:アサヒシールLM)の製造販売を実施
2005年
高吸水性膨潤止水フォーム(商品名:ゲルフォーム)を開発、販売を実施。(特許:3792219号)
2006年
代表取締役社長 山内寛 就任
2007年
川口金属工業梶Aニッタ梶A中井商工鰍ニの4社で、伸縮装置の鋼製表面に対する滑り止め工法研究会を結成。開発、試験施工を実施(商品名:摩擦素子コート工法)
2008年
小遊間用止水シール材(商品名:ゲルシールLM#15)を開発、東日本高速道路鰍ニニッタ鰍ニの共同でPC小遊間用止水工法を確立
2011年
動的止水性のミクロ連通気泡ゴムスポンジ「AF-0080」を止水層とし、また端面接着接続可能な乾式遊間止水材「ライトレックス」の開発商品化に成功、特許取得
2012年
品質管理マネジメントシステム導入工場として、ISO9001の認証取得
2015年
首都高速道路において、不燃断熱性弾性伸縮保護材「難断燃」による伸縮装置遊間機能材の火災保護工事試験施工を実施
2017年
遊間乾式止水材「ライトレックス」の開発に成功、一般販売開始

バナースペース


旭化工株式会社

〒577-0067
大阪府東大阪市高井田西2丁目2番6号

TEL 06-6782-8683
FAX 06-6782-8685

  2012年11月9日 製造部
  ISO9001:2015認証取得

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター